2009年06月11日


any(リスト) の考え方

any(リスト) は分解すると or で分解されます。
比較演算子と共に使用されるので以下のような基本パターンがあります。
select 商品名,販売単価 from "商品マスタ"
where 
	販売単価 = any( 2330,2850,3040 )
意味
販売単価 = 2330 or 販売単価 = 2850 or 販売単価 = 3040

select 商品名,販売単価 from "商品マスタ"
where 
	販売単価 <= any( 2330,2850,3040 )
意味
販売単価 <= 2330 or 販売単価 <= 2850 or 販売単価 <= 3040
つまり

販売単価 <= 3040
select 商品名,販売単価 from "商品マスタ"
where 
	販売単価 >= any( 2330,2850,3040 )
意味
販売単価 >= 2330 or 販売単価 >= 2850 or 販売単価 >= 3040
つまり

販売単価 >= 2330
さらに、比較全体を否定する not が使えるので要注意です
( 前述の否定になります )
select 商品名,販売単価 from "商品マスタ"
where 
	not 販売単価 <= any( 2330,2850,3040 )
つまり

販売単価 > 3040
select 商品名,販売単価 from "商品マスタ"
where 
	not 販売単価 >= any( 2330,2850,3040 )
つまり

販売単価 < 2330
all(リスト) の考え方

posted by at 2009-06-11 14:28 | 暗記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。